茅埜の夕暮れ

アニメや美少女ゲームをメインで語るブログです。パンヤやってます。パンヤ友達募集中。ラジオもやってますので、リンクの「虹の源ラジオ放送局ver1.02」からどうぞ。

『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。 『神曲奏界ポリフォニカ プラス』応援中! 【炎の孕ませ俺の嫁おっぱい乳双
+】2011年11月18日発売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっぷり中出し学園戦争 レビュー

どっぷり中出し学園戦争 レビュー

OHP:SQUEEZ


【シナリオ】

基本的に前作までと似たような雰囲気のシナリオで
大きく分けるとおバカシナリオとヒロインとのエッチに分けることができます。
まぁ抜きゲーですし、シナリオは重要視しなくてもいいかと思います。

ヒロインとのエッチシーンは3~5個ずつあり
複数プレイまで用意されています。
数としてはこんなもんなんじゃないかな~という感じです。
個人的にですが、複数プレイが若干少なめに感じました。



【ビジュアル】

原画はミヤスリサさんで、かなりエロいCGに仕上がっています。
特にここの作品は色使いが非常にいやらしい感じがするので個人的には大好きです。

さてさて、テックアーツ作品ではおなじみのテック@フルアニメーションですが
(一応説明しておきますと、CGと同じクオリティでエッチシーンがアニメーションするもの)
今回も非常にエロかったです。
しかしながらシーン数7と、全キャラでなく約半数のキャラにしかなかったのが
少々残念ではあります。炎の孕ませ同級生の時のように
部分アニメーションでもいいのでおっぱいの揺れを堪能したかったです。
というかおっぱいアニメーションが無かったのが残念でなりません。



【サウンド・ボイス】
BGMの評価はできません。
まぁ「エクスタシー」とかは聞こえてこないので安心してください。

ボイスですが、個人的に一部キャラが合っていないような気がしました。
いやまあ金髪副会長なんですが。
でも桜川シュトラッセ桜川未央さんはこの作品でヒロイン3人を担当されているので
声をかなり変える必要があったのではないかということを考えると
メーカーさんがもう一人キャスティングすれよかったんじゃないかと。
どうでもいいけど、みくの喘ぎ声に一部やけに生々しいものがありました。
ふだんほわほわした感じで喋るキャラなのですが、いきなり別の音帯の声になったので
ちょっと焦った。これがギャップ萌えですね。わかります。

それはそうと、誰か萌原ぷりんを誰が担当してるか教えてください。
候補は何名か上がってきてるんだけど、判断できない・・・
ダメ絶対音感の修行が足りないな・・・




【システム】

基本的なところは問題なし。
セーブなどはサムネ付きで分かりやすいです。
そして今回実装された「どっぷりなか出しチェーンコンボ」ですが・・・まあジャマですねw
なんでそんな大事な時に何度もクリックせにゃならんのだと・・・
こちとら早く先が見たいんじゃい!それに別のことで忙しいし
なのでこだわりがない人は早いうちにOFFに設定してしまいましょう。




【感想・総評】


らぶらぶエッチ、複数プレイが好きな人にはお勧め。
あと、テックアーツ作品はアニメーションがエロエロなので、
まだやったことのない人はぜひプレイしてみるといいと思います。
おっぱいが揺れるだけで全然違います!

最後に

礼子萌え。



どっぷり中出し学園戦争どっぷり中出し学園戦争
(2008/08/29)
Windows

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

【12RIVEN -the Ψcliminal of integral-】【レビュー】

iconf01.png

『凜と』


iconf02.png

『桜の』


iconf01.pngiconf02.png

『ゲームレビューのコーナー♪』




iconf01.png

『私たちがレビューするのも久しぶりね』


iconfa06.png

『このブログに変わってからじゃ初めてですから、かなりになりますね』


iconfa03.png

『そうね、じゃあ軽く説明しておこうかしら。このコーナーでは管理人がプレイしたゲームを私たちが代わりにレビューするというコーナーです』


iconfa9.png

『ようは普通に書いたんじゃたいした長さにならないから、私たちに喋らせてごまかそうという救済措置です』


iconfa10.png

『まあごまかす以上に作業量が半端なく増えるから、むしろこっちの方が大変みたいだけどね』


iconf02.png

『でも今回ってごまかさなきゃ書けないような作品でしたっけ?むしろ逆に沢山書けそうな気がするんですけど…』


iconfa03.png

『そうね、今回のレビュータイトルの12RIVENは、語りたいことは沢山あれど、いざレビューとしてネタバレ無しで書こうとしたらあまり書くことが無かったみたいよ』


iconfa06.png

『なるほど、そういうことだったんですか』


iconf01.png

『じゃあ前置きはこれくらいにして、レビューに移りましょうか。』





12RIVEN -the Ψcliminal of integral-HPへ





iconfa03.png

『さて、早速だけど桜の感想は?』


iconfa9.png

『内容的に考えるところが沢山あって、非常に楽しめました』


iconf01.png

『うんそうね、内容を推理したりするのが好きな人にはかなり楽しめる作品だったと思うわ』


iconfa06.png

『でも自分の頭の中を整理しないと物語の全体像が掴めないので、考えるのを放棄してしまうと、楽しさも伝わりきらないという感じもしました』


iconfa03.png

『そういった意味では人を選ぶ作品だといえるわね。まぁ、Ever17と同じシナリオライターさんだから、あれが好きな人は楽しめると思うわ』


iconfa06.png

『シナリオ以外についてはどう思いますか?』


iconfa03.png

『まずビジュアル面だけど、正直にいうとあれはないわ』


iconfa06.png

『どの辺りがダメでしょうか?』


iconfa03.png

『立ち絵についてどうこういうつもりはないわ。けど流石にあのCGはね。まず躍動感がまるでないのよ』


iconfa06.png

『そうですね、なんというか全体的に「動」が欠けている印象は受けます』


iconfa03.png

『さらにいうと緊迫したシーンのはずなのに間の抜けた表情をしているように見えて、緊張感も感じられなかったわ』


iconfa06.png

『人によって見え方が違うとか好意的な取り方もできますけど、少なくとも私たちにはこんな印象にしか映らなかったということでしょうか?』


iconfa03.png

『私たちは絵を描く人間ではないし、専門的なことは語れないけど、素人から見たらそうね』


iconfa8.png

『絵がメインの作品でなくてよかったですね』


iconfa10.png

『そうね、極端な話無くてもいいくらいだと思うわ』


iconfa06.png

『絵については気にしないことですね。他はどうです?』


iconfa03.png

『BGMはそれぞれのシーンに合っていて良かったんじゃないかしら』


iconf02.png

『プレイ前に危惧していた声優さんはどうでしたか?』


iconfa10.png

『私の好みではなかったから正しく評価はできないけど、合ってはいたんじゃない?』


iconfa012.png

『微妙な反応ですね…』


iconfa03.png

『しいて挙げれば、小林ゆうさんの演技には驚かされたわね。あの演じ分けは良かったと思うわ。ちょっと気合いが入り過ぎていたようなところはあったけど』


iconfa06.png

『何となくイロモノキャラのイメージがあったんで予想外でした』


iconfa03.png

『あとシステムは使いやすかったわ。流石元KID』


iconfa9.png

『クイックセーブはあるとやはり便利ですね』


iconfa03.png

『あれには何度か助けられたわね。さて、一通り触れたし、そろそろ総評に移りましょうか』


iconfa06.png

『そうですね、では姉さんお願いします』


iconfa03.png

『まず、やっぱりこの作品の一番の魅力はシナリオね。Ever17には及ばないまでも、非常に楽しめる作品であると思うわ。けれどやや難解なシナリオになっているから万人受けはしないでしょうね』

iconf02.png

『ですが興味深い話も多いので、興味がありましたら是非プレイして欲しい作品ですね』





iconfa05.png

『さて、そろそろ終わりにしましょうか。えぇっと、このレビューで使用しているアイコンは眠りの園様の素材を使用させていただいております。』


iconfa9.png

『ブラウザの環境によって、管理人の意図しない配置で表示されることがあると思いますが、仕様ですので読みづらかったら申し訳ありません。また、私たちの口調がおかしいところは華麗にスルーしてくださいね』


iconfa05.png

『私たちのレビューが何かの参考になれば幸いです。極力ネタバレしないようにしたつもりですが、もししていたらごめんなさい。』

iconfa8.png


『していても責任は取りませんけどね。ふふふっ♪』


iconfa05.png


『それではこの辺で』




iconf01.pngiconfa9.png


『またね~~~』








iconfa10.png

『そういえば考察はやらないの?』


iconaz10.png

『君は何をいっとるのかね?』



END

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

【ご主人様だ~いすき】【レビュー】

ご主人様だ~いすき

SCOREOHPへ


このページでは一部 TacticsNET の画像を使用しています。
素材の著作権はNEXTONに帰属します。これらの素材等を他へ転載する事を禁じます。
リンク:TacticsNET






シナリオ

プレイ前に抱いていたイメージとは違い、
意外と自然できちんとしたストーリーでビックリしました。
まぁやってることとか設定はアレですけどねw
また、エッチシーンに関しては凌辱系ではないため、
調教を期待していた人には少々残念ではあると思いますが
それ系が苦手な人には良いと思います。
また、主人公は良い変態ですので(良いってなんだよ)
見ていて嫌な気分になることもありませんでした。
次にエッチシーンですが、全体的に尺は長めで数ラウンド用意されています。
シーン数自体も結構多く、十分な内容ではないかと思います。
特にフ○ラシーンの描写は多いので、そちらが好きな方も楽しめるかと。
ただ、シチュが違うだけでCGは変わらなかったりするので(テキストは変わります)
思ったより少なく感じるかもしれません。

ちなみに個別EDは用意されていないようなので、
EDはハーレムEDのみとなっています。



グラフィック

立ち絵とCGとの差がある気がしますが、CGが可愛いので問題なし。
立ち絵の表情もコロコロ変わって、見ていて楽しめました。
そしてSDキャラが可愛い。←ここ重要
ひとつ言えば、サブキャラの顔が無かったのがちょっと気になったくらいですね。
いっそのこと立ち絵無しでもよかったかもです。
背景は普通でしょうか。

姫のメイド服は無いと思う。




ミュージック&ボイス

BGMの方はほのぼの系の音楽です。
そしてボイスですが、キャラに合っていて良かったです。
演技の方も咥えながらしゃべる演技など、非常にエロく仕上がっていました。
チュパ音好きも納得の一品かと。





システム

一般的な感じのシステムですが、右クリックで「戻る」が出来ないのが、
ちょっと使いにくく感じました。
それくらいだと思います。





総評&感想

エロ重視の作品として、かなり良かったです。
特にここのHPの通り、フ○ラへの力の入れ方が半端ではないため、
フ○ラ好きにはたまらない作品だと思います。
このシーンの地の文ではチュパ音が効果音として入っているところがあるのですが、
複数人でのプレイ時には左右からステレオで聞こえてくるため、
非常に高い臨場感を味わうことができます。
こういった細かい気配りはプレイしていて気持ちが良いですね。色んな意味で。
また、半数近くがハーレム状態なため、そちらが好きな方も楽しめると思います。

個人的にかなりお勧めな作品でした。


PS
ガーターベルトっていいよね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

【FORTUNE ARTERIAL】【レビュー】

『FORTUNE ARTERIAL』は2008年1月25日に発売です。

シナリオ

前作までのオーガストに比べると、
今まで指摘されていたシナリオの弱さというものがあまり感じられなかったです。
確かに、序盤のインパクトという点では弱かったかもしれないが、
オーガスト作品特有のまったり感が出ていて良かったと思います。
細かく指摘していけば、ヒロインによっては
印象の薄いシナリオであったことは否めない。
が、印象の薄さとは裏腹に、FAにおける日常を描くという点では
物語全体を対照的に映し出す良い役割として機能していたと思います。

また、オーガスト作品はキャラを魅力的に描くのが非常に上手いと感じます。
こういった要素は、これから先も失わずにいてほしいと思う。

これは個人的な感想だが、FAのシナリオの大筋が、
前作のよあけなと微妙に似ている気がした。
これはプレイしている時に漠然と感じた事なので、
うまく説明が出来ないが、少しそんな感じがしたということだけ。
もしかしたら、物語構成のテンプレが出来てしまっているのかもしれない。

おバカシナリオは今回もありましたね。
見ていない人用に説明すると、ちびキャラをVの字に並べると見れます。
(移動選択肢で桐葉→桐葉→かなで→陽菜)
まあこういうのは無いと寂しいのでw




グラフィック

べっかんこう氏の絵は判子絵だとか言われますが、
それは逆にある程度のクオリティを期待できるということで。
今回、立ち絵は非常に良かったのですが、微妙にCGが崩れていたところがあったと思います。
また、全体的にCGの枚数が少なく感じました。
脳ホエ氏のちびキャラがあまり使われなかったのも少々残念。
あれは良いアクセントだったのですけどね。

背景は非常に綺麗でした。特に生徒会室の背景なんかは雰囲気が出ていてよかったです。
生徒会室のPCに、はにはにがインストールされているのには吹いたw

それにしてもまたまた私の大好きな裸エプロンをやってくれましたね。
予想では陽菜がやってくれるとばかり思ったのですが、
まさかかなでで来るとはね・・・
個人的に桐葉がやっても似合うと思う。




ミュージック&ボイス

印象に残るようなBGMは無かったような気がしますが、
演出の一部としてきちんと盛り上げるところではキチンと盛り上げていたと思います。

ボイスの方は、凄いです。
声優さんは豪華ですし、声もキャラに合っていて良かったです。
プレイ前に、観村咲子さんが陽菜でなく瑛里華ってどうなの?と思ったのですが、
いやはや、実に良かった。というか鷹月さくらさんが見事にハマっていました。




システム

使いやすいシステムでした。
またHシーンになるとメッセージウィンドウが小さくなる仕様は良かったですね。
細かい気配りというのでしょうか。プレイしていて気持ちがいいです。
贅沢を言えばディスクレス起動が出来ればなおよかったのですが、
しょうがないのかな・・・




総評&感想

全体的に高いクオリティにある作品だったと思います。
詳しくはネタバレで。

追記を表示でネタバレ感想へ 続きを読む

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

【恋する乙女と守護の楯】【レビュー】

「恋する乙女と守護の楯」応援バナー

シナリオ

私の大好きな女装モノです。
全体的にテンポがよく、楽しくプレイできました。
特に日常パートではギャグも散りばめられていて良かったです。
戦闘シーンがややアッサリ目であったところは少々残念ではありますが、
日常パートでのタエのうろたえっぷりを楽しむのがメインだと思うので、
それほど気になりませんでした。



ビジュアル

ヒロインの絵柄も、背景も綺麗でした。
たまに使われるSDキャラも可愛らしく、良いアクセントになっていて良かったです。
また、立ち絵の演出もころころと変わって見ていて飽きなかったです。
CGもほのかに百合のかほりが漂っていて個人的にも満足でした。
タエのCGが少なかったのは残念ですが・・・



ミュージック&ボイス

BGMの方はそれぞれのシーンに合っていて良かったです。
ボイスの方は豪華ですね。
個人的には設子さんの演技は大好きです。



システム

一通り揃っていて使いやすかったです。
セーブ画面もサムネ付なので一目でわかります。
また、1度見たシーンはあらすじ付きで纏めてスキップできるようになっていて
時間の短縮ができます。普通のスキップも出来るので好きな方を使えばよいかと。



総評&感想

全体的な水準が高く、非常に楽しめる作品でした。
個人的にはみんなにお勧めしたい作品です。

そして何より山田妙子最高だよ!

可愛すぎるよ!男でも何でもいいよもう!

ちなみにメインヒロイン主人公のタエがうろたえるのを
ニヤニヤしながら見るのが正しい楽しみ方だと思います。




PS
優もいいよね。だってちゃーさんだしね。
FDで優ルートやってくれないかなぁ・・・

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。