FC2ブログ

茅埜の夕暮れ

アニメや美少女ゲームをメインで語るブログです。パンヤやってます。パンヤ友達募集中。ラジオもやってますので、リンクの「虹の源ラジオ放送局ver1.02」からどうぞ。

『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。 『神曲奏界ポリフォニカ プラス』応援中! 【炎の孕ませ俺の嫁おっぱい乳双
+】2011年11月18日発売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ アドレイション・ブラック

神曲奏界ポリフォニカ アドレイション・ブラック (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ アドレイション・ブラック (GA文庫)
(2009/05/15)
大迫 純一

商品詳細を見る


私のお気に入り、ポリフォニカシリーズ。
その黒の11巻目です。

少しずつ明かされていくマティアとマナガの過去の秘密。
その端々が見えてきた気がします。

以下ちょっと私の推測。たぶん簡単に思いつくものなのでこれである可能性は低いし、
何を今更wって感じなので大目に見てやってください。
ちなみに結構ネタバレを含みますので注意してください。


・マティアが黒い涙を流した理由と、マナガの羽が3枚と中途半端である理由

ずばりマナガの精霊としての力みたいなものを、
瀕死のマティアを助けるために分けてしまったからではないかと。
(シダラ・レイトスとエレインデュース、プリネシカとドーリスラエの関係に近い)

マティアが黒い涙を流したのは、マナガの存在がマティアの中にあるから。
今になって流したのはおそらく深いところでの共振といったところか。

マナガの羽が3枚なのは、力を分けてしまって欠落が生じてしまったから。
ただ、上記のレイトスとエレインデュースの例でいうと
エレインデュースに欠損は生じていない。

なぜマナガに欠損が生じてしまったのかを予想すると
おそらく力を分けた時の状況が原因。

レイトスの例と、プリネの例ではいずれも神曲の支援を受けつつの作業だった
(レイトスの方にはそういった記述はないがおそらくそうだっただろう)

しかしながらマナガがマティアを助けた時の状況ではそんなものはなかっただろう。
そんな不安定な状況で行ったのであれば、何らかの事態が発生していてもおかしくはない。


この二人の関係を匂わせる記述はこれまでにも結構ありますね。
マナガが虫の知らせを聞いたかのようにマティアの元に向かおうとしてみたりとか。
二人の間には、特殊な絆というか繋がりがあると考えると、
精霊の力を分けたっていうのはしっくりくるんじゃないですかね?


なんとなくサウンドノベルス版をやったらもっと違う発見がある気がします。
PSPに移植されたら買うかな。

それにしてもシェアワールドってのはおもしろいですね。

あぁ、マティア可愛いよマティア(*´д`*)ハァハァ・・
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozakitino.blog5.fc2.com/tb.php/305-f84e091e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。